水没させちゃった!これだけはやっておくこと!iPhone編

速やかに応急処置を!

iphoneの水没、まさに最悪の状況ですが、決してパニックにならず冷静に対処しましょう。
水没したiphoneを取り出したら、即座に応急処置を開始してください。

まずはiphoneからケースやアクセサリーなどを外して、出来うる限り水分を拭き取ります。
本体画面や側面、裏側などは勿論、充電コネクタ内やイヤホンジャック部分、ボタンなどのiphone内部の目で確認できる部分も、ティッシュなどを使って水分を吸収させるように拭き取ってください。

この時、iphoneを乾かそうとドライヤーの熱風をかけたり、内部の水を出すために振ったりするのはやめましょう。
iphone内部が熱や、振ったことによって更に奥に侵入してきた水分で壊れる可能性があります。

ここまでの応急処置を速やかに行った後は、そのまま電源を切り、可能であれば最悪のケースに備えるためにもsimカードを外しておいて下さい。

兎に角、乾燥させ続ける!

応急処置後は徹底的にiphoneを乾燥させましょう。

水没させてしまったモバイル機器には専用の修理グッズが売られています。これは高い吸水性を持つ特製のビーズを入れた機密性のある袋で、この中にiphoneを24時間以上入れておくことで、内部に侵入してしまった水分までも吸い取り乾燥させてくれるのです。

しかし、これは乾燥剤と厚手のジッパー付きビニール袋などでも代用可能です。
なければ百均でも売っているので買ってきましよう。
買い物に行く場合は、生米を入れたコンビニ袋でもいいので速やかにiphoneの乾燥作業を開始しておいてください。

また、生米は十分に乾燥剤の代わりになるので、乾燥剤は必須ではありませんが、厚手のジッパー付きビニール袋は必要です。必ず用意しましよう。

十分乾燥させ袋から取り出した後は、電源が入るか確認してください。
電源が入ればほぼ大丈夫ですが、一応バックアップはしておいたほうが安心です。

iPhoneが水没した場合には、すぐに修理に出しましょう。最近ではiPhoneの修理を専門で行っているお店もあります。

© Copyright Fixing iPhone. All Rights Reserved.