iPhoneの修理でデーター消えるの?

PCにバックアップがあるから安心です

iPhoneが破損した際には、正規修理サービスプロバイダへ持ち込むと、修理後に正常動作を確認するテストが行われて合格してから返却されます。動作確認テストでは、内部データによる影響を避けるために工場出荷時の状態に初期化しなければテストが出来ません。しかし、iPhoneは設計段階から常にPCへ接続して同期しながら使うように設計されているので、自宅のPCに繋げば最後に同期した状態に簡単に戻せます。本来の仕様通りにPCへバックアップを取りながら使用していれば、iPhoneの修理に出すと内部データが消えるといったことは、そもそも問題とならないわけです。iPhoneは、PCの機能の一部を手軽に外に持ち出して使うことを目的として設計されています。最初からiPhone単独利用は想定されていません。

非正規修理サービスプロバイダなら初期化されない

日本国内では、世界に例が無いほどiPhoneをPCと同期せずに使用している人が多いので、非正規修理サービスプロバイダが多く存在しています。非正規店では、故障していて修理して欲しい箇所のみ指定して部品交換をしてもらうことが出来るので、そもそもデータ格納部分に触れずに作業が行えます。正規修理サービスプロバイダと同様の出荷テストは行えないので、利用者が支持した部分のパーツ交換をシンプルに行い、他の部分に触れて欲しく無い場合に利用すると良いでしょう。電池パックの交換といった電圧変化が伴う作業を行なう際には、記憶メディアに影響が出る恐れがあるので、事前に免責事項が定められています。非正規修理サービスプロバイダに依頼すれば、少なくともデータ初期化をせずに修理依頼が可能です。

iPhoneの画面割れは、もともとはメーカーの公式修理で高いお金や長い修理期間を覚悟する必要がありました。しかし最近では、街中に「待っている間激安で修理OK」の店が増えています。

© Copyright Fixing iPhone. All Rights Reserved.